Now Loading...
川﨑病院

医療法人 社団 慶仁会 川﨑病院

手外科センターの治療・手術

手外科センターの治療と手術についてご紹介します。内視鏡を用いた手術にも豊富な実績があります。

治療・手術について

TREATMENT AND SURGERY

主な手外科疾患

手外科の治療様子

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

手関節の付け根に手根管というトンネルがあり、そのトンネル内を走っている神経が圧迫される病気です。
人差し指、中指を中心に痛みが出ます。痺れは薬指・親指に及ぶこともあり、指の使いづらさ等が生じます。

指・手関節の腱鞘炎

腱鞘炎というのは腱が通過する腱鞘というトンネルの部分が狭くなる病気です。指が曲がりにくい、伸ばしにくい、引っかかるなどの症状が起きます。妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。手の使いすぎや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

指の変形性関節症

関節の使いすぎ、老化によって関節軟骨がすり減り、痛み腫れが生じます。
指の第一関節に生じるものをヘバーデン結節、第二関節に生じるものをブシャール結節、親指の付け根の関節に生じるものを母指CM関節症と呼びます。

指・手関節の骨折(舟状骨骨折)靱帯損傷

手は外に出して使うことが多いので外傷が起きやすいです。突き指、打撲によって骨折、または靭帯の断裂が生じます。

腱の損傷

指を曲げたり、伸ばしたりする腱を切断すると指が動かなくなります。
縫合がなされても術後のリハビリがうまくいかないと癒着を生じ、結局は動かなくなります。

外傷後の関節拘縮

指の関節は骨折、靱帯損傷の後に硬くなることがあります。
また、特殊な病気ですが、デュピュイトラン拘縮といって掌の腱膜が固くなってしこりやこぶのようなものができ、拘縮を起こすことがあります。以前までは手術が主流でしたが、最近では注射による治療が広まりつつあります。

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)

手関節の小指側にある三角線維軟骨複合体(TFCC)という、膝でいうと半月板のような組織が損傷されることで手関節痛がでます。腕を捻ったり、手首を小指側に曲げた時に、手関節の小指側に痛みが出ます。
半月板断裂の時の様に痛み、引っかかりの原因となります。

スポーツによる障害

スポーツによる障害は外傷が主です。骨折、脱臼の場合はレントゲン検査にて容易に診断できるのですが、いわゆる捻挫といったものの場合は、レントゲンに写らない靭帯の断裂が原因であるため安易に放置されることがあります。靭帯の断裂にも程度があり、場合によっては手術が必要なこともあります。
また、スポーツでは使い過ぎなどにより各部位に腱鞘炎が起こることもあります。

関節リウマチによる手関節・手指変形

関節リウマチは関節が破壊され疼痛を生じる病気です。
現在では生物学的製剤の開発により劇的に治療が進歩しておりますが、まだ手指の関節破壊により変形する症状が現れる患者さんは多いです。スワンネック変形、ボタンホール変形など独特の手指の変形をとることが多く、日常生活に支障がある場合は手術を行います。
また、関節が壊れてしまった場合は人工関節に置換する方法もあります。

手の腫瘍(ガングリオン等)

指、手関節周囲には時々腫瘤(しこり)ができることがあり、特に多いのはガングリオンです。なかにゼリー状の物質の詰まった腫瘤であり、良性ですが気になる場合は注射器で内容物を吸引したり、再発を繰り返す場合は手術を行うこともあります。

肘部管症候群

肘の内側に肘部管というトンネルがあり、この部位で神経が慢性的に圧迫されたり引っ張られることで発症します。症状として手の痺れ、手の筋肉の麻痺などが生じます。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

手に力を入れると肘の外側が痛くなる病気です。中年以降のテニス愛好家に生じることからテニス肘と呼ばれていますが、実際、運動をしていない主婦の方にも起こります。年齢とともに肘の腱の付着部が傷んで起こると言われています。

足の外科について

足の外科治療様子

当センターでは、手だけでなく、足の疾患の治療も行っています。

外反母趾

指のつけ根にある深横中足靭帯が伸びたり、緩んでしまった上に靴など履物によって締め付けられることで、親指が小指側に曲り変形する病気です。症状が進むと痛みを覚え、歩行や起立のたびに痛みを感じるようになる場合があります。

足底腱膜炎

長時間の立ち仕事、歩行により足の裏、特に踵のあたりに痛みが生じます。足底腱膜という足の裏の腱膜の変性が起きることで生じる腱付着部症の一つです。

扁平足

土踏まずがなくなり、足裏が平らになってしまった足です。足のアーチがなくなることで変形、歩行時の痛みが生じます。

アキレス腱付着部症

アキレス腱が踵の骨に付着する部位で繰り返し負荷がかかることで変性が生じ、痛みが起きます。腱付着部症の一つです。

変形性足関節症

足関節の関節軟骨がすり減ることで生じます。外傷や関節炎によって発症することもありますが、明らかな原因がなく発症することが多いです。足関節の腫脹、疼痛が生じます。

手術について

手根管症候群手術

手根管症候群の手術では内視鏡を使った手術を導入しています。

多くの医療機関では2ヶ所に穴を開けて内視鏡を挿入しますが、当センターでは1ヶ所から挿入して手術するため、手術創は手関節に1.5cm程度で痛みが少なく、翌日には水仕事もできるようになり早期の社会復帰が可能となります。また、患者様の安全を考慮し全身麻酔下で行うようにしています。

鏡視下腱鞘切開術

これまでは1~2cmの皮膚切開が必要でしたが、当センターでは内視鏡を用いて腱鞘切開術を行っています。鏡視下腱鞘切開術は、5mmほどの穴を開け、小さなメスを使って切開します。術後の疼痛、腫脹がすみやかに改善するのが特徴です。

手関節鏡手術

当院には1.9mmと2.7mmの2種類の径の手関節鏡を導入しており、橈骨遠位端骨折において関節内の詳細な観察をしています。レントゲンではわからないような靭帯の断裂、軟骨の状態などを正確に評価することが可能です。

関節内に及ぶ骨折では関節面に段差が生じることがありますが、内視鏡で観察しながら整復することで、より正確な整復固定が可能となります。

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)においても、内視鏡を用いた小侵襲の治療を行っています。

手外科センターの手術様子1
手外科センターの手術様子2
手術実績
手外科センター
医師の紹介
専門外来