Now Loading...
川﨑病院

医療法人 社団 慶仁会 川﨑病院

リハビリテーションの流れ

リハビリテーションの流れのご紹介です。川﨑病院では、治療のための最新機器やプール設備も整えております。

リハビリテーションの流れについて

REHABILITATION

急性期リハビリテーション

急性期リハビリテーション

入院早期より、安全・安心のリハビリテーション治療を提供します。

ケガ・手術・病気でベッドより動けない時期から関わります。リスク管理をしっかりと行いながら、起きる・立つ・歩くなどの生活の基本となる練習を行います。早期リハビリテーションは、早期回復のカギを握っています。

回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション

退院まで365日体制で充実のリハビリテーション治療を提供します。

ケガ・手術・病気の後、少しずつ体の状態が回復し動けるようになったら、退院に向けて身の回りの事や家事などの日常生活の動作ができるように集中的に練習をします。安心して家庭や社会に復帰していただけるように、退院後のサービス利用や福祉用具などの提案などを行います。

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション

介護支援専門員や福祉住環境コーディネーター2級、福祉用具プランナーの資格をもった理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が自宅を訪問し、住み慣れた場所で顔見知りの方と生き生きとした生活が送れるよう支援します。

外来リハビリテーション

外来リハビリテーション

入院リハビリテーションから継続して、当院に通院可能な方に対して、より生活しやすくなるように治療や自分でできる運動を指導します。

通所リハビリテーション

通所リハビリテーション

介護老人保健施設 ビハーラ光風では、通所リハビリテーションを実施しており、地域でのあなたの生活を支援します。

リハビリテーション設備

REHABILITATION FACILITY

当院では、病状や障がいに応じた最新の物理療法機器、リハビリテーション機器、トレーニング機器も積極的に導入し、治療の一手段として活用します。

ロボットスーツHAL®(ハル)

当院では、ロボットスーツHAL®を導入し、脳卒中や脊髄損傷を含む脳、神経、筋疾患の患者様に対して使用しています。

HAL®は、人の「動かしたい!」という脳からの信号を読み取り、パワーユニットをコントロールすることで、人と一体となって関節の動きをアシストすることができます。さらに、実際に「動いた!」という感覚のフィードバックを再び人の脳へ戻すことで、機能改善促進の重要な役割を果たしてくれます。

機能改善・機能再生治療は、新しいロボット治療のひとつです。どちらも主要な原因は投げ過ぎやフォームの未熟さが招く障害であり、予防の為に柔軟性の改善やインナーマッスルと呼ばれる肩周辺の筋肉の強化が必要です。練習強度や投球制限、フォームの修正を必要とする場合があります。

ロボットスーツHAL®(ハル)

イトー ESTIMUS(エスティマス)

プロのチームでも活用されている治療機器で、超音波と電気刺激を組み合わせたコンビネーション治療が可能です。
音波は、深部または浅部に直接刺激を与え、温熱作用により患部を立体的に温めます。電気刺激は、8種類の電気刺激モードで幅広い治療が可能です。痛みの軽減やマッサージ効果など、体の状態に応じた機能を使用しています。

イトー ESTIMUS(エスティマス)

オートテンズプロ

安静が必要とされる重度の患者様や、マヒなどにより体を思うように動かせない、または疼痛や各症状から運動モチベーションが低下した患者様に対して、下半身の運動代わりや、トレーニングの手段として使用しています。
痛みを感じることなく、体内の70%の筋肉を占めている下肢全ての筋肉を動かすことができる新しい電気刺激治療器です。

オートテンズプロ

トレーニング機器

ウェイトトレーニングができるトレーニング機器を設置しています。
入院、通院期間中に低下しがちな筋力を効率よくトレーニングすることができます。さらに、ストレッチポールなどのコンディショニングツールも各種取り揃えております。

トレーニング機器1
トレーニング機器2
トレーニング機器3
トレーニング機器4

プール

通院、入院の方がご利用されています。人工関節手術後、血糖値の調整のため、減量のためなど、様々な目的で運動されています。

水中では陸上のおよそ10分の1の負荷で運動をすることができます。陸上では衝撃を受けやすい骨や腰・膝・足首などの関節部へのリスクを減らし、歩行練習を中心に、スクワットやかかと上げなど、プールの浮力を利用しながら下肢への負担が少ない状態で運動を行うことができるので、リハビリ中の運動量を保つことにも効果をもたらします。

各療法について
リハビリ利用時間